初心者しか見ない!FX1万通貨とは?

今回はFXの取引単位についてご紹介いたします。

FXの取引単位

1万通貨とは?

FXは世界中の通貨で取引します。ドル、円、ポンド、フラン…通貨単位がバラバラだと何がなんだかわかりませんよね。

そこで統一した通貨単位があります。

FXでよく出てくくる単位として1Lot,1枚,1万通貨があります。

FX会社によっても呼び方が違ったりしますが全部同じ意味です。

1Lot=1枚=1万通貨

1万通貨とは、米ドル/円で考えると1米ドル100円とすると1ドル×1万倍は1万ドルですが、1万ドルを円に換算すると1万ドル×100円で100万円です。

1ドルを1万倍にするのが1万通貨です。

同様に米ドル/円で考えて、1ドル80円として1米ドル×1万倍は1万米ドルです。1万ドルを円に換算すると1万ドル×80円で80万円ということになります。

これらは、米ドルを基準にしています。

アメリカなら米ドル、日本なら円、ニュージーランドならNZドル、イギリスなら英ポンド、スイスならフランなどがありますが基本的に基準を米ドルにした方がわかりやすいので、FX会社は1万米ドルを1万通貨としています。

レバレッジについて

1万通貨=100万円という大金を意味しているわけですが、では取引するのに100万円必要かといえばそうではありません。

FXは少額の資金で大きな取引ができます

レバレッジというキーワードを聞いたことがあるかと思います。

レバレッジとは、倍率を意味します。

日本のFX会社の個人契約では、レバレッジ最大25倍まで可能です。

4~5万円ほどの投資資金があれば、米ドル円なら1万通貨の取引が可能で円に換算すると80~100万円程度の取引ができるということです。

どういうことかと言えば、100万円分の通貨の取引をしたいなら4万円を証拠金としてFX会社に預ければ4万円×レバレッジ最大25倍の100万円になるということです。

これは1万通貨を意味しますし、1Lotとも言えますし、1枚とも言えます。

米ドル/円で1米ドル80円の為替レートの場合は、80万円が1万通貨なので1万通貨の取引がしたいなら最大レバレッジ25倍にして80万円÷25は32000円の証拠金をFX会社に入金する必要があります。


スポンサーリンク



まとめ

細かく考えると段々わけわかんなくなりますね…。まあ、やってればなんとなくわかってきます。私自身もブログを書くことで、知識が深まります。

新規口座開設はやはりこちらがおすすめ只今キャンペーン中↓



最後まで読んで頂きありがとうございます(^_-)-☆応援宜しくお願いいたします。

「にほんブログ村」のランキングに参加しています。1日1クリック、「にほんブログ村」のボタンをクリックして頂けると大変励みになります。

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村