初心者しか見ない!FXフィボナッチエクスパンション



今回は、いま私の所属しているFXグループでよく話題に出るフィボナッチエクスパンションについてです。



フィボナッチエクスパンション

フィボナッチとは?

フィボナッチとは「フィボナッチ数列」より導き出される比率を利用して、相場がどこまで動くのか、という価格ターゲットを算出する方法です。

「フィボナッチ数列」とは以下の数列です。

1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144…

「フィボナッチ数列」には次のような特徴があります。

①隣り合う数字を足すと、その次の数字になる

1+1=2,1+2=3,2+3=5,5+8=13,8+13=21…

②連続する2つの数字を使い、大きな数字を小さな数字で割ると「1.618」に近づいていく

1÷1=1,2÷1=2.000,3÷2=1.500,

5÷3=1.667,8÷5=1.600…

③小さい数字を2つ上位の数字で割ると、「0.382」に近づいていく

1÷2=1.000,1÷3=0.333,2÷5=0.400,

3÷8=0.375,5÷13=0.385…

①~③以外にも関係性はありますが、トレードに利用するにあたっては、「0.382」「0.618」「1.618」が最も需要な比率となります。

これらの「黄金比」は,カタツムリの渦の広がり方や星雲の形状など、自然界にはこの比率に従っているものが多く、エジプトのピラミッドやミロのビーナスなどもこの比率から設計されているといわれています。

一方、相場は自然界の一部である人間により作られています。フィボナッチによるテクニカル分析は、マーケットの値動きも自然現象の一部ととらえ、複雑に見える動きのなかに普遍的な秩序を見出そうとするアプローチであるといえます。

フィボナッチは価格ターゲットを算出するのに使用されますが、トレンド終了後にどれだけ戻るかのターゲットを出す「フィボナッチリトレースメントとトレンド終了後、次のトレンドがどこまで伸びるかのターゲットを出す「フィボナッチエクスパンションの2つがあり今回はフィボナッチエクスパンションについてお話します。

フィボナッチエクスパンション

フィボナッチエクスパンションは、トレンド終了後、次のトレンドがどこまで伸びるのかというターゲットを出す方法です。フィボナッチ比率「0.618「1.618」を使い、基準となるトレンドの値幅の61.8%,161.8%を価格ターゲットとして算出します。補足的に100.0%もよく利用されます。

チャート上で、基準のトレンドとして任意の安値、高値とその後の戻り安値の3点を指定すると、安値と高値の値幅の61.8%,100.0%,161.8%の値幅を、戻り安値に加えた価格にラインが描かれます。

このフィボナッチエクスパンションのラインを私のグループでは決済の目標価格として使用します。

61.8%,100.0%,161.8%ラインを、それぞれ第一目標、第二目標、第三目標として、決済の目安に使います。第一目標ですべてのエントリーポジションを決済してもいいですし、第一目標で半分決済、第二目標でさらに半分を決済、第三目標で残りを決済、といった分割決済にも使えます。


まとめ

私自身まだまだ修行中の身ですが、確かにラインが効いてる時があります。決済の目安にしてみてはいかがでしょうか。

新規口座開設はやはりこちらがおすすめ只今キャンペーン中↓↓↓

「DMM FX」口座開設方法を分かりやすくご紹介しているのはこちら↓↓↓

初心者しか見ない!「DMM FX」口座開設方法を分かりやすくご紹介

最後まで読んで頂きありがとうございます(^_-)-☆応援宜しくお願いいたします。

読んで頂いた証拠にぽちっとクリックして頂けると喜びます(^_-)-☆

↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村