初心者しか見ない!FXチャートに表されるローソク足とは?



今回は、FXの基本となるローソク足についてご紹介いたします。

FXのローソク足とは?

FXチャートで最もポピュラーなチャートはローソク足チャートです。

ローソク足は日本のチャートの代表であり、世界で一番精巧に工夫されている罫線であると言っても過言ではないでしょう。

ローソクとは?

ローソク足チャートのローソクとは、1日や1週間というように時間を区切った時の、始値(はじめね)、高値(たかね)、安値(やすね)、終値(おわりね)という四本音(よんほんね)を形であらわしたものをいいます。

始値よりも終値の方が高いものを陽線といい白ヌキで、始値よりも終値の方が安いものを陰線といい黒ヌリで表します。

また安値と高値は上下に突き出したヒゲと呼ばれる線で表します。

ローソク足には、日足(ひあし)、週足、月足などの種類があります。

陰線と陽線

陰線とは始値に対し終値が安いもの、陽線とは始値に対し終値が高いものをいいます。上昇相場では陽線が多くなり下降相場では陰線が多くなります。また極めて大切な足の一つに同時線があります。終値と始値が同値で実体部分のない足で、相場の転機に出ることが多いのが特徴です。

実体とヒゲ

ローソク足の実体の上についた陰を上ヒゲ、下についた陰を下ヒゲといいます。ヒゲのついていないローソク足を丸坊主と呼んだりします。ヒゲを伴うローソク足は実体やヒゲの長さで大まかな強さのニュアンスを推測します。

ローソク足の見方

ローソク足の見方が理解できれば、この1本のローソク足の色や形を見るだけで、その日その時の値動きを想像することができます。例えば、陽線でしかも実体部分が長ければ「力強く上昇」、陽線だけど実体部分が短く、上ヒゲがとても長い場合には、「上がったとはいえ、高値からずいぶん押し戻されて終わった」というように推測できます。

このように、1本のローソクは1日あるいは1週間といった期間の中でどういう値動きをしたのかを表しています。ローソク足の「足」といういい方は、これに由来しています。

ローソク足2本の見方

ローソク足は単一のままでも意味を持っていますが、より確率の高い予想を立てるために2本の組み合わせを見たりします。

「不連続線(窓)」

不連続線とは2本のローソク足が値をとばし並んでいるものです。この2本のローソク足の空間をと呼んだりします。はその時点における人気の片寄りを示しています。そのため窓は長大陽線、長大陰線と同様の意味を持ち、相場の転機によく現れます。

上昇相場では押しは窓まで、下降相場では戻りは窓までとよく言われます

「連続線」

連続線の種類はあまりに多種多様なので、基本的な考え方と代表的なものをご紹介いたします。

「はらみ線」

比較的大きな陰陽線に小さな陰陽線がすっぽり収まっている形をはらみと言います。短期的に目先、一服するところで現れる形の代表です。小さな陰陽線のかわりに寄引同時線が高値で出現すれば天井、下値で出現すれば底の確認になることが多いです。

 

「つつみ線」

はらみ線とは逆で小さな陰陽線のあとに、この陰陽線をつつむ大きな陰陽線が続く形です。高値でのつつみは天井暗示、安値でのつつみは底値暗示となります。小陰陽線が寄引同時線の場合、より信頼度が高まります。

「かぶせ線」

上昇途中で上放れて寄りついたあと、前日の値幅内で引けた線をかぶせといいます。上昇しようとする力を上から抑え込む形といえます。前日の陽線の安値を切らなければ、押し目買いのポイントであり、かぶせの高値を抜いたところが買い信号です。



まとめ

ローソク足一つとっても奥が深いですね…。私自身このブログを通して、さらに学びを深めて行けたらと思っています。またご紹介いたします。

新規口座開設はやはりこちらがおすすめ只今キャンペーン中↓↓↓

口座開設方法について分かりやすくご紹介しているのはこちら↓↓↓

初心者しか見ない!「DMM FX」口座開設方法を分かりやすくご紹介

最後まで読んで頂きありがとうございます(^_-)-☆応援宜しくお願いいたします。

読んで頂いた証拠にぽちっとクリックして頂けると喜びます(^_-)-☆

↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村