初心者しか見ない!FX取引できる時間帯と傾向



FXトレードを行う上で、重要視してほしいのは時間帯です。為替相場は、時間帯によって、値動きの特性が変わります。

FXの取引できる時間帯とその傾向についてご紹介いたします。

FXの取引できる時間帯とその傾向

FXの取引できる時間帯とは?

FXは、取引時間が午前9時から午後15時までの株式市場と違い、24時間取引が可能です。

しかし、ずっと取引が継続しているわけではなく、銀行が閉まっている土日を除いて世界各地で取引が行われています。

ニューヨーク、ロンドン、東京、香港、シンガポールなど、主要都市で開かれているため、FXのマーケットは24時間眠ることはありません。

そのおかげで、日中だけでなく会社から帰宅した後でも真夜中でも、ライフスタイルに合わせてお取引が可能です。

そんな平日はずっと値動きのある為替市場ですが、やはり時間帯によって値動きの特徴があります。

為替の3大市場は、東京、ロンドン、ニューヨークですが、東京時間は比較的落ち着いた値動きとなっており、取引額はロンドンが最大となっています。

では、それぞれの時間帯ごとの値動きの特徴を見て行きます。

オセアニア時間6時~8時

市場参加者が少なく、ほとんど値動きのない時間帯です。

しかし、ニュージーランドの経済指標が発表されたり、週末にニュースが出た場合の月曜日の早朝は乱高下する時間帯となります。

東京時間8時~15時

日本やシンガポールの市場参加者が参加してくるため、値動きが出てきます。

特に、ゴトー日と呼ばれる5と10の付く日は、ドル買いが出やすく仲値の決まる9時55分まではドル円が動きやすくなります。

しかしながら、10時を過ぎると穏やかな値動きになることが多く、ユーロやポンドなどの欧州通貨の値動きは静かになります。

一方、オーストラリアや中国の経済指標の発表があるため、オセアニア通貨は比較的動きます。

ロンドン時間15時~21時

16時の欧州の株式市場の開始と共に、一気に値動きが出てきます。

この時間帯になると、欧州通貨が動き出し、ユーロ圏の経済指標の発表もあります。

しかしながら、19時頃になると欧州勢はお昼休みに入るため、落ち着いた値動きになります。

そのため、短期的なトレンドもやや緩んでくる傾向があります。

ニューヨーク時間21時~6時

21時を過ぎる頃からアメリカの参加者が参入し、いよいよ為替の値動きはピークを迎えます。

米国の経済指標が発表されるため、かなりの激しい値動きとなることもあります。

東京の仲値に相当するロンドンフィックスが午前0時(冬時間の場合は、午前1時)に当たため、月末になるとユーロやポンドの値動きが激しくなります。

午前2時を過ぎると、欧州の株式市場が終了となるため、やや値動きが落ち着いてきますが、夜中に要人発言があったり、米国の金融政策が発表される日もあるので、深夜に大きく動くことがあります。



時間帯別の値動きの傾向

東京時間は、実需の取引が多く、値動きが限定的です。

一般的には、レンジ相場が多い傾向があります。

世界全体の取引高の約5%程度の取引なので、大きくトレンドが出ることは少ないです。

ロンドン時間は、活発な投機筋が参入し、トレンドが出始める時間帯です。

ロンドン市場は、世界の取引高の約40%を占めると言われています。

この時間帯に入ると、流動性が厚くなり、方向感が出てくるのでやりやすくなります。

ニューヨーク時間は、さらにその傾向が強くなります。

ニューヨーク市場の時間帯は、重要な指標発表も多くなるので、急にトレンドが変わる事もしばしばあるので注意が必要です。

24時~25時までのロンドンフィックスまでは、値動きが活発で流動性もあるので、短期取引には向いています。

基本的に、FXトレーダーはロンドン時間、ニューヨーク時間に本腰を入れてトレードします。

ロンドン時間からは、参加者が増えてくるために値動きが活発となり、参加者が多い分だけ流動性も厚くなります。

ロンドン市場、ニューヨーク市場はFXトレーダーにとって、とても魅力的なマーケットなのです。



まとめ

FXの魅力の一つに24時間エントリーが出来ることが上げられます。自分に合った時間帯にトレードできるので、副業としても取り組むことができると思います。

新規口座開設はやはりこちらがおすすめ只今キャンペーン中↓↓↓

「DMM FX」口座開設方法を分かりやすくご紹介しているのはこちら↓↓↓

初心者しか見ない!「DMM FX」口座開設方法を分かりやすくご紹介

最後まで読んで頂きありがとうございます(^_-)-☆応援宜しくお願いいたします。

読んで頂いた証拠にぽちっとクリックして頂けると喜びます(^_-)-☆

↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村