初心者しか見ない!FXエリオット波動とは?



エリオット波動理論は、「相場はめちゃくちゃに動いているようで、実は法則に従って同じようなパターンを何度も何度も繰り返している」という考え方です。

相場では、大衆心理が渦巻くからこそ、その結果として値動きには法則が生まれるというのです。

今回は、そのエリオット波動についてご紹介します。

エリオット波動とは?

エリオット波動とは?

エリオット波動論は、欧米をはじめ世界中に多くの信奉者がいる相場分析です。

チャールズ・ダウより少し遅れて米国で活躍した株式アナリスト、ラルフ・ネルソン・エリオット(1871年~1947年)が編み出し、戦後の60年代になって再評価され、投資家の注目を集めるようになりました。

その理論は、単なる相場の値動きだけでなく、1000年単位の歴史の周期まで視野に入れた壮大なものです。

エリオット波動の基本形

エリオット波動を一言で言うと、「相場にはサイクルがあり、値動きには一定のリズムがある」ということになります。

エリオットは、過去のNYダウ平均を緻密に分析することで、値動きのなかに「上昇→下降」の波が一定の規則性をもって何度も出現することを発見しました。これが「上昇5波・下降3波」というエリオット波動の根幹をなす値動きの周期です。

つまり、上昇相場は「上げ→下げ→上げ→下げ→上げ」という5つの連続した波動から成り立ち、その後には「下げ→上げ→下げ」という3つの波動による下降調整相場が続くというものです。

インパルス波動

いまお伝えしたように相場は5波、もしくは3波のパターンで動きます。「上昇5波・下降3波」と呼ばれる相場の周期です。

トレンド方向の値動きには5つの波があり、トレンドに逆らう動きは3つの波から成ります。

5波の動きのことをインパルス波動と言います。

インパルスとは推進的なという意味です。トレンド方向への動きは5つの波動になることが多く、それをインパルス波動と言います。

3波の動きのことをコレクティブ波動といいます。

コレクティブとは、調整という意味です。押しや戻しの動きは3波になることが多く、そのパターンをコレクティブ波動と言います。

エリオット氏は株式市場でこの法則を発見しましたが、どんな市場にも応用が利きます。FX市場もその一つです。

ここではまず5波のインパルス波動を説明します。

このパターンにおいては、1、3、5の波動がトレンドの方向への動きです。2、4の波動がトレンドに逆らう調整の動きです。

1~5の波動で何が起きているのか、ひとつひとつご説明して行きます。

波動1

値動きの最初の上げです。たいていは、少数の人たちが「これが安値だ!今が買いだ」と気づいて買い始めたことで上げ始めます。実際の理由はいろいろでしょうけど。このような先駆者の買いの影響が波動1の上げとなります。

波動2

ここに来ると波動1で勝っていたトレーダーのいくらかは「買われ過ぎじゃない?」と思って利食いします。それで値が下がります。しかし。ある程度下がると「また今が安値だ!」ってことになって買われるので、波動1の安値を割り込むことはありません。

波動3

波動3が通常は一番長く強い波動となります。これぐらい上げると、多くの人の注意を引いています。多くの人がこの値上がりに気付いて「自分も買いたい!私も買いたい!」となり、勢いを増して波動1の高値を超えて上げて行きます。

波動4

波動3でかなり上げたのでまた「高値」となり、一部の人が利食いするので値が下がります。しかしまだまだ買いたい人もたくさんいるので波動4の下げになります。

波動5

ここでほとんどの一般大衆が買います。一般大衆が遅れて買う動機は「欲」です。ここまで上げると、一般大衆が買わずにはいられなくなるのです。

この時が、最高値となっている時です。それを分かっているプロトレーダー達はそこで利食いを始めます。これが原因でその後のABCパターンという本格的な調整の動きが出ます。


コレクティブ波動

5波からなるトレンドがひと段落すると、3つの波動からなるコレクティブ波動が始まります。コレクティブ波動とは本格的な調整の動きのことです。コレクティブ波動には数字ではなくアルファベットのABCが使われます。

上げ相場で解説しましたが、下げ相場でも全く同じ考えです。

コレクティブ波動の種類

押し目や戻りの動きのことをコレクティブ波動というわけですが、エリオット氏によると、そのコレクティブ波動には21の種類があるそうです。シンプルなものから複雑なものまで21種類あるそうです。

ここでは、3つの代表的なコレクティブパターンをご紹介します。

ジグザグパターン

ジグザグパターンは、背景にあるトレンドに逆らう3波の動きに勢いが強い場合です。明らかに「下げてる感」のある押しです。

フラットパターン

フラットパターンは横ばいのレンジの動きです。フラットパターンでは基本的なa、b、cそれぞれの波動の長さは同じくらいになります。波動bが波動aを帳消しにし、波動cが波動bを帳消しにします。「基本的には」といったのは、波動bは時々波動aのスタート地点を少しだけ超える場合があるからです。

トライアングルパターン

トライアングルパターンもレンジの動きの一種ですが、レンジの形が三角形になるタイプのことです。右に向かって窄まっていくタイプもあれば、右に向かって広がっていくタイプも物もあります。右肩さがりに三角形を形作る場合もあれば、若干右肩上がりになることもあります。ただ、三角形の形をしていることが特徴です。



まとめ

エリオット波動の1つの波動にはもっと小さな波動が集まって出来ています。日足チャートを見ても1分足チャートを見ても同じような波動が繰り返されています。

トレンド相場は「上昇5波・下降3波」を繰り返しながら上げて行きます。

最初は波動をうまく見極めれないと思います。

自分の手法のプラス分析で考えると良いかも知れません。

新規取引口座開設はやはりこちらがおすすめ!只今キャンペーン中↓↓↓

口座開設方法について分かりやすくご紹介しているのはこちら↓↓↓

初心者しか見ない!「DMM FX」口座開設方法を分かりやすくご紹介

最後まで読んで頂きありがとうございます(^_-)-☆応援宜しくお願いいたします。

読んで頂いた証拠にぽちっとクリックして頂けると喜びます(^_-)-☆

↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村