ジギング釣りする人は必見!ブリの身に潜んでいる寄生虫とは?



先日ジギング釣りに行ってブリを釣ったのですが、帰って刺身にしようとさばいてみると身の中からミミズの様なニョロニョロの生き物が…

ブリの身に潜んでいるブリ糸状虫(しじょうちゅう)という寄生虫です。

このブリ糸状虫がいた魚を食べても大丈夫だと私は前から聞いていたのですが、初めて見た人はビックリされると思います。

そんなブリ糸状虫について調べてみました。

ブリの身に潜んでいるブリ糸状虫

ブリ糸状虫の特徴

ブリ糸状虫とはブリの身の中に潜んでいるミミズの様な寄生虫です。この寄生虫は、魚の血を吸って生きているので橙赤色の色をしています。

寄生虫の中では、比較的大きな部類のようで、中には体調50cmを超える大きなものもいるようです。まるで蛇がとぐろを巻くように寄生するのが特徴です。

この寄生虫は主に暖かい海にいることが多く、寒い時期や水温の低い海にいるブリにはあまり寄生していないようです。

またブリ糸状虫はブリの身に潜んでいるため外見からでは寄生虫がいるのかを判断できません。

血を吸って生きているため、血合いの近くに潜んでいることが多いです。

ブリ糸状虫が人間に及ぼす影響

寄生虫と聞けば、それだけで絶対食べてはいけないと思うかもしれませんが、実はそんなことはありません。

ブリ糸状虫が寄生していたとしても、人間はそれを普通に食べることができます

食べて何か具合が悪くなるわけではなく、普通に消化されて排出されます。実際にブリ糸状虫が入った魚を人が食べることについて、問題視されることはありません。

このように、寄生虫といっても人に害があるものと、害がまったくないものがあります。

ブリ糸状虫がいるブリは天然物

ブリ糸状虫がいるのはほぼ天然物のブリだけです

つまりこの寄生虫がいるということは天然物の証ということですが、大きくなったブリ糸状虫がいると味が落ちると言われていますので、大きなブリ糸状虫がいた場合は刺身などで食べるよりも煮つけや焼いて食べたほうがおいしいかもしれません。

また、見慣れている人は何とも思わないかもしれませんが、初めて目にする人はそれなりにショックを受ける可能性があります。

そこで、慣れていない人のことを考慮して、釣れた魚を配ったりする場合は一言付け加えておく必要があると思います。

すなわち、このブリには虫が寄生しているかもしれませんが天然物の証で、食べても全然問題はないということです。

食べても害がないと分かれば、初めての人も安心すると思います。

要注意するべき寄生虫アニサキス

ブリ糸状虫はたまたま人に害がありませんが、それ以外の寄生虫の中には人が食べて何らかの症状を引き起こす寄生虫もいます。

その代表的な虫がアニサキスです。

アニサキスは体調2~5cmほどの半透明色をした寄生虫です。渦巻状をしたこの虫は、主にスルメイカ、メバル、ホッケ、サンマ、サケ、サバなどに取り付いて、特に魚の腸にもぐりこむ習性をもっています。

人が食べると大体は排出されますが、たまに胃や腸の壁を食い破ることがあるため、嘔吐、吐き気、下痢、痛みなどの症状が現れることがあります。これには注意しなければなりません。こうした症状が現れたらただちに医療機関を受診しましょう。


まとめ

魚に取り付く寄生虫は数えきれないほどいますが、特に人に感染しやすいルートとして生魚を食べることにあります。

日本人は刺身や寿司を好んで食べますから、寄生虫には気を付けなければいけません。

だいたい寄生虫は内臓に取り付いていますので、身を食べる分にはそれほど心配はいらないかもしれませんが、絶対安全とは限りません。

特に、自分で釣って自分でさばいて食べる我々は特に注意が必要です

釣りで車中泊をする方は必見!快適睡眠の車中泊専用マットはこちら↓↓↓


最後まで読んで頂きありがとうございます(^_-)-☆応援宜しくお願いいたします。

読んで頂いた証拠にぽちっとクリックして頂けると喜びます(^_-)-☆

↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村