スマホの次はスマートスピーカー!IT大手三つどもえ日本上陸



先日新聞にも取り沙汰されていた「スマートスピーカー」。

日本ではまだ知名度はあまり高くありませんが、米国の家庭では急速に普及していてその「スマートスピーカー」が日本に上陸するそうです。

今回は「スマートスピーカー」についてのご紹介です。

スマホの次はスマートスピーカー!IT大手三つどもえ日本上陸

スマートスピーカーとは?

スマートスピーカーは、居間や台所に置き、人が話しかけて欲しい情報を検索したり、音楽を再生したりするスピーカーです。

ネット接続や音声操作のアシスタント機能を持っています。

スマホやパソコンの周辺機器だけでなく、ユーザーの音声コマンドに答えて情報検索、連携する家電製品を操作することも出来ます。

アマゾンが2014年にスマートスピーカーとしてAmazon Echo(アマゾンエコー)を発売。米国では急速に市場が広がっており、利用者は前年比3560万人に達しています。音声アシスタント市場が伸び2020年には2275億円へと成長すると見込まれています。

シェアは先行したアマゾンが70.6%と先行しており、2016年11月に発売したグーグルは23.8%とアマゾンを追随しています。マイクロソフトやアップル、国内ではLINEがこのスマートスピーカー市場に参戦するようです。

それぞれのスマートスピーカーの現状を見て行きましょう。

Google Home(グーグルホーム)

「グーグルホーム」は2016年11月から発売。円筒形で声で操作するため、スマートフォンやパソコンを開く必要がありません。

最大6人の声を聞き分け、「私の今日の予定を教えて」「母に電話して」などと話しかければ、「私」や「母」がだれかも認識して対応してくれます。

さらに「搭乗予定の飛行機が遅れています」など、スピーカーの側から必要な情報を伝えてくれる機能も付いています。

グーグルは、この「グーグルホーム」2017年中に日本で発売すると発表しました。


Amazon Echo(アマゾンエコー)

「アマゾンエコー」は、2014年11月に発売され当初は予約者に限定して販売するという提供形態をとっていました。

形状はいわゆる筒状の全方位型スピーカー。実際にスピーカーとしての機能もありますが、ポイントは音声認識による自然言語入力でさまざまな情報提供や操作が出来ること。

たとえば色々な質問に応えたり、音楽の再生や、ニュース・Kindle書籍の読み上げ、スポーツのスコアや天気情報などを教えてくれたりします。

もちろん、アマゾンらしく、過去の注文履歴からの再注文なども可能です。

Microsoft invoke(マイクロソフトインボーク)

マイクロソフトも音声アシスタント「Cortana」を出していて、これを搭載したスピーカーを韓国サムスン電子傘下の音響機器大手「Harman Kardon」と共同開発。

CortanaでAmazon Alexato同様に音声での転機や音楽再生などに加え、スマート家電の操作も出来るようになります。


まとめ

これでアマゾンのアマゾンエコー、グーグルのグーグルホームマイクロソフトインボークと大手が出してきたわけで、最後にアップルのSiri搭載の製品はどんな製品で何が出来るのか気になるところでもあります。

現在の国内の状況を見るとスマホ対応の家電製品は専用アプリでのみの対応が多く、まだそれぞれのプラットホームに対応した商品は少ないのが現状です。

国内メーカーの存在感が薄く米国に主導権を握られる可能性が高まっています。LINEを始めとする日本のメーカーにも頑張って欲しいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます(^_-)-☆応援宜しくお願いいたします。

読んで頂いた証拠にぽちっとクリックして頂けると喜びます(^_-)-☆

↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







1 個のコメント