新車購入をご検討中の方必見!残価設定型自動車ローンとカーリースとの違いとは?



新車を購入するとき、何かしらのローンをご利用される方が多いと思いますが、ディーラーではここ最近残価設定型自動車ローンを利用される方が大変多くなってきています。

残価設定型自動車ローンについては↓↓↓

新車購入時営業マンからお勧めされる残価設定型自動車ローンとは?

ガソリンスタンドなどでは、マイカーリースというものもあります。

自動車に乗ることができるということは同じですが、リースと言うと一定期間借りるというイメージですよね。

今回はその残価設定型自動車ローンとカーリースの違いについてご紹介いたします。

残価設定型自動車ローンとカーリースの違いとは?

残価設定型自動車ローンとは?

残価設定型自動車ローンについては、上記のURLでもご説明していますが、残価設定期間の3年または5年を選択し、あらかじめ設定された残価(下取り車価格)を据え置いて支払うことで月々の支払い金額の負担を軽減させます。

3年または5年の支払い満了後に、乗り換え・買い取り・返却の中からその時のご自身のライフスタイルや状況に合わせてお選びいただき、買い取る場合は残りの残価を一括支払いするか再び分割支払いにするか選択できます。

カーリースとは?

カーリースとは、お客様が希望する車種をリース会社が購入して、一定料金で契約期間貸し出すものです。お車の所有者はリース会社となりますが、購入したのと同じように契約したお車に乗ることができます。

リース契約には、ファイナンスリースとメンテナンスリースの二通りの契約があります。ファイナンスリースは車両維持費は含まないリースで、メンテナンスリースは車両維持費まで含む契約のことです。

ローンとリースの根本的な違い

ローンとリースの一番の違いは、所有者となれるかどうかということです。ローンの場合は支払いが終わればお車は自分の持ち物になりますが、リースは自分の好みのカスタマイズができるとはいっても、あくまで借り物。契約が終了しても自分の物にはなりません。

カーリースのお勧めできるところ

リース契約でメンテナンスまで含めた契約であれば、オイル交換やタイヤ交換などの面倒なメンテナンスや故障などが発生したときでも、リース会社が全て対応してくれます。お車を引き取りに来てくれますし、追加費用等も発生しません。

お勧めできる人

・高齢者や年配者の方

・自動車税や車検代、自動車保険など車の費用はまとめて支払いたい方

・一定期間で新車に乗り換えたい方

カーリースのお勧め出来ないところ

カーリースは税金や車検などのメンテナンス費用まで含めるため、残価設定型自動車ローンよりも高くなる傾向があります。リース料の中には、リース会社への手数料分も含まれるため、価格的に安いとは言えません

さらに気を付けなければいけないのが、リース契約は基本的に中途解約ができません。乗り換えのタイミングはあくまで契約満了時。「新型車が出たので乗り換えたい」「結婚して子供が出来たのでミニバンに乗り換えたい」など、自分の都合で解約してしまうと解約金が発生します。


まとめ

結局残価設定型自動車ローンにするかカーリースにするか、車にまつわるお金も定額制にしたいなら、リース契約にして月々のリース料と燃料代だけを気にすれば良さそうです。

しかし、車が思いのほか気に入ってしまい手放したくなくなり、リース契約満了の後に車を買い取るとなれば、結果として最初からローンを組んで買った方が安上がりだった…なんてこともあります。

手軽さやメリット、月々の支払額なども大切ですが、ライフプランや自分の価値観に合わせてローンかリースかを選んでいくのが良いと思います。

新車のコーティングを少しでも安く施工したい方におすすめはこちら↓↓↓

最後まで読んで頂きありがとうございます(^_-)-☆応援宜しくお願いいたします。

読んで頂いた証拠にぽちっとクリックして頂けると喜びます(^_-)-☆

↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村