スマートキーが狙われている!リレーアタックによる盗難



先日の新聞にスマートキーによる盗難方法である「リレーアタック」についての紹介がありました。この方法を使うと盗難防止システムを搭載する最新の新型車でもドアロックは瞬時に開き、プッシュボタンを押せばエンジンが掛かって盗めてしまうということです。

そんなスマートキータイプの盗難についてご紹介いたします。

スマートキーが狙われている!リレーアタックによる盗難

スマートキーとは?

スマートキーとは、お車とキーがそれぞれの電波を受信し合って電子IDを照合し、ドアの施錠や開錠エンジンの始動も行えるシステムです。

2016年に国内で生産された約570台のお車に導入されています。

最近このスマートキー搭載車が盗難されているのです。窃盗団が犯行に使っている手口が「リレーアタック」と呼ばれる犯行手口です。

リレーアタックの手口とは?

通常、キーがお車の周囲約1m以内になければ作動しませんが、警視庁によると、海外の事例やネット上にアップされた動画から、その弱点を利用した、新たな盗難の手口が確認されています。

その手口とは「リレーアタック」と呼ばれる犯行手口です。お車から離れた運転手に犯人の一人が接近し、特殊な装置を使ってキーの電波を傍受した後中継者が増幅させ、増幅させた電波をまた中継者の仲間に送信し、電波を「リレー」するというもの

クルマにキーから発信された電波と誤認させ、その状態でドアノブに触れ解錠してエンジンをかけた上で、犯行に及んでいるとみられます。

1度エンジンを掛けると、止めない限りどこまでも走れます。もちろん、エンジンを止めると再始動出来ないものの、今や盗難部品のビジネスも盛んなので、バラして売ってしまうことも可能です。

リレーアタックは住宅でも盗難が可能

リレーアタックは自宅にクルマを止めていても盗まれる可能性があります

例えば、都心の住宅で言えば1階が駐車場で2,3階が住宅の場合。こういう住宅の場合、1階の玄関ドア付近にスマートキーを置いてたりしますよね。

リレーアタックで電波を傍受できれば、クルマの所有者が寝ている間にでも盗むことは可能です。

トヨタ車を始め、ベンツ、BMW、レクサスなど高級車も簡単に盗難されます


リレーアタックの対処方法

現在の所、リレーアタックで車両を狙われたら防ぐ方法はないそうです。有効な対応策は現在開発中とのこと。またこの方法による車両盗難件数も不明。部品ビジネスの場合、盗難車両が見つからないため、盗難方法も解らないためです。

リレーアタックによる盗難は、現在ヨーロッパが中心みたいですが、いつ日本に上陸するかわかりません。対応策が出来るまでは、注意が必要ですね。

新車のコーティングを少しでも安く施工したい方におすすめはこちら↓↓↓

最後まで読んで頂きありがとうございます(^_-)-☆応援宜しくお願いいたします。

読んで頂いた証拠にぽちっとクリックして頂けると喜びます(^_-)-☆

↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村