トヨタ新型ハリアーの展示車画像を公開!実際にショールームに足を運び現車を見てみよう



トヨタの高級SUVハリアーが2017年6月8日にマイナーチェンジを実施しました。

そのハリアーの現車が搬入されて、ショールームに展示してあります。

今回は新型ハリアーの実際に撮った画像を元に、変更点や魅力についてご紹介してみます。

新型ハリアーの展示車画像を公開

今回新型ハリアーの主な変更点は

・内外装デザインの変更

・2.0Lターボエンジンの追加

・Toyota Safety Sense Pの標準装備

の3つです。細かな変更点は多々ありますが、画像を見ながらご説明いたします。

エクステリアの変更点

今回ヘッドランプが従来の2連式から3連式に変更となりました。

またPREMIUM以上のグレードとターボ車には、レクサスなどで付いている流れる点滅式サイドランプ(シーケンシャルターンランプ)が装備されています。トヨタ車ではC-HRで初めて採用したもので、高級感が増すと同時に、対向車や歩行者の方に対する視認性もグッとアップします。

アンダーグリルは、従来の横長のスクエアタイプから、最近のトヨタ車によく採用されている台形型デザインに変更されております。

さらに、グリルはひし形の網目となるハニカムデザインへと変更。今回のデザイン変更で最も印象を変える点となっております。

リアコンビネーションランプはオレンジ系からレッド系に変更されております。


インテリアの変更点

インテリアの注目点は、オートホールド機能付き電動パーキングブレーキです。

これまでは足踏み式を採用しておりましたが、電動式を採用する車種が増えてきたなかで、今回全グレードで標準装備となりました。

また、オートホールド機能が付いているので、信号待ちなどで停止した時にブレーキがかかった状態で保持してくれます。足を自由にすることができるので、負担を軽減することができます。発信の時はアクセルを踏むだけでホールド機能は解除されます。

その他、純正ナビが8インチから9.2インチに大型化室内灯もLEDに変更されております。

この画像のシートはPROGRESSの内装色がブラックのものですが、今回新たな内装色として「ダークサドルタン」という高級感溢れる赤茶系の色も追加されました。

ターボ車のシートは、ブラックにレッドのステッチが施されたスポーティーでかっこいいシートが設定されております。

早く現車が見てみたいですし、ターボの走りも気になりますね。

次回まだまだハリアーの魅力についてご紹介いたします。



ハリアーの歴史については↓

ついにトヨタハリアーがマイナーチェンジ!ハリアーの歴史を振り返る

新型ハリアーについては↓

トヨタ新型ハリアーマイナーチェンジ!最新の車両概要紹介

新型ハリアーのエアロについては↓

トヨタ新型ハリアーモデリスタのフルエアロがやっぱりかっこいい!

新車のコーティングを少しでも安く施工したい方におすすめはこちら↓

最後まで読んで頂きありがとうございます(^_-)-☆応援宜しくお願いいたします。

読んで頂いた証拠にぽちっとクリックして頂けると喜びます(^_-)-☆

↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村