トヨタ新型アクア!コンパクトなボディに11の良いところがぎっしり詰まっている



トヨタの人気コンパクトハイブリッドカー「アクア」。2017年6月19日にマイナーチェンジして新型アクアとして発売されました。

低価格で低燃費ということもあり、近年日本国内で最も売れているクルマとなっているトヨタアクア。そんな新型アクアについてのご紹介です。

トヨタ新型アクア発売!

トヨタアクアとは?

アクアは、2011年に発売されたコンパクトハイブリッドカーです。手頃な価格と37.0km/Lという低燃費で日本国内で絶大な支持を受け、発売開始後の1か月間で約12万台を売り上げるなど爆発的なヒットとなりました。国内新車販売台数4年連続1位(2012~2015年)という偉業も成し遂げました。

今では当たり前とも言えるハイブリッドカーですが、ハイブリッドカーを世の中に浸透させるきっかけとなった先駆車は、トヨタのプリウスとアクアと言えるでしょう。

世界トップレベルの低燃費、取り回しの良いコンパクトサイズ、老若男女に受け入れられるデザイン、手頃な価格などアクアが日本市場にうまくマッチした結果だと言えます。

トヨタ新型アクア!エクステリアの変更点

新型アクア、パッと見た印象はそんなに大きく変わらないものの、細かなデザイン変更が行われております。

ヘッドライトは目じりがキュッと伸び、切れ長な印象に。フロントバンパーはややエッジの効いたフォルムになりました。

リアについては、テールランプとリアバンパーがよりスマートに落ち着いたスタイルになっています。

トヨタ新型アクア!インテリアの変更点

インテリアもインパネ周りのデザインやスイッチ配置の変更や、TFTマルチインフォメーションディスプレイなどの追加がありました。

今回のマイナーチェンジでSUV風テイストの「X-URBAN」が、新たに「CROSSOVER」として名称を変更。インテリアを上質に装うホワイトソフトレザー内装も追加されました。


トヨタ新型アクア!コンパクトなボディに11の良いところがぎっしり詰まっている

今回のマイナーチェンジで新型アクアは燃費性能はもちろん、軽快な取り回し、先進の安全装備など、コンパクトなボディに良いところがきっしり詰まっています。主には、以下の11のポイントが上げられます。

01、お財布と環境にやさしい低燃費…クラストップレベルの低燃費38.0km/L(Lグレード)、34.4km/L(Lグレード以外)

02、スムーズな走りと会話も弾む静かさを両立

03、取り回しやすく、Uターンや駐車も容易…最小回転半径4.8m

04、運転中の万一に備えて、ドライバーをサポート…Toyota Safety Sense Cについてはこちら↓

トヨタの自動ブレーキは凄い!Toyota Safety Sense(トヨタセーフティーセンス)の実力

05、スマホやドリンク、買い物袋もサッと収納

06、ゆとりのある頭上や膝元で、後席はゆったり

07、自分にぴったりな姿勢に調整可能

08、寒い冬の朝でもすばやく温か

09、旅行鞄などの大きな荷物の出し入れも簡単

10、運転中の日焼けやジリジリした厚さを抑制

11、前方がくっきり見えるから夜間の運転も安心



まとめ

コンパクトハイブリッドカーとして揺るがぬ人気を誇るトヨタ新型アクア。変更点の少ないマイナーチェンジといえどその注目度は高いです。

燃費性能をさらに伸ばし、安全性能や先進デザインを取り入れた新型アクア、また再び新車販売台数1位の座を期待します。

新車のコーティングを少しでも安く施工したい方におすすめはこちら↓↓↓

最後まで読んで頂きありがとうございます(^_-)-☆応援宜しくお願いいたします。

読んで頂いた証拠にぽちっとクリックして頂けると喜びます(^_-)-☆

↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







1 個のコメント