レクサス新型「LC500」&「LC500h」!やばい車がやって来た!



今日当店にまたまたやばい車がやって来ました。初めて現車を見ましたが…本当にやばいです。見とれてしまうほど美しいスタイル、心ときめくレクサス新型LC500h。

この車には他のレクサスとは違う、突出した世界観を感じます。

今回はそのLC500hの画像を大公開いたします。

レクサス新型「LC500」&「LC500h」

LC500とは?

画像はLC500hです。

レクサスのフラッグシップ・ラグジュアリー・クーペとして「LC500」とそのハイブリッド車の「LC500h」が2017年3月16日に発売開始となりました。

このクルマは、レクサスブランドのFRモデルに展開されていくGA-Lプラットフォーム、マルチステージ・ハイブリッドといった最先端技術を採用しています。

また他のレクサスとは違う、独創的なデザインが特徴です。

レクサス新型LC500hのエクステリア

美しく見とれてしまうスタイリングは、フロントのスピンドルグリルからどこまでも流れて行くようなボディラインが特徴的で、奥行きのある美しさを作り出しています。

LC500には、全面的にアルミ素材が採用され、ルーフ・ラゲージドア・サイドドア内側にCFRP(炭素繊維強化プラスチック)が使われています。

高剛性ながら軽量なボディとなり、精巧な設計は世界に誇る匠の技術が結集していると言えます。


レクサス新型LC500hのインテリア

LC500のインテリアは、レクサスのハイクラスな雰囲気を醸し出す、4シーター・クーペの室内空間となっています。

レザーやアルカンターラを使ったインテリアは、ドアパネルやセンターコンソール、ダッシュパッドなど、至る所に日本の最先端技術と匠の技が余すことなく盛り込まれています。


レクサス新型LC500&LC500hの性能

LC500は、レクサス最強のパワーユニットであるV型8気筒5.0Lのエンジンを搭載。そのパワーユニットにレクサス初の10速ATを搭載。

自然吸気エンジンらしい優れたレスポンスと躍動的なエンジンサウンドを実現。また切れ味の良い変速を味わえます。

寸法 全長 mm 4,770
全幅 mm 1,920
全高 mm 1,345
ホイールベース mm 2,870
燃費 JC08モード走行燃料消費率 (国土交通省審査値)km/L 7.8
エンジン 種類 V型8気筒DOHC
総排気量 L 4.968
最高出力[NET]kW(PS)/r.p.m. 351 (477) / 7,100
最大トルク[NET]N・m(kgf・m)/r.p.m. 540 (55.1) / 4,800
駆動装置 駆動方式 後輪駆動
トランスミッション Direct Shift-10AT (電子制御10速オートマチック)

LC500hには、マルチステージ・ハイブリッドを採用。これはハイブリッドシステムに有段ギアを組み合わせた世界初の機構です。

具体的には、V6エンジンに電気式CVTと機械式4段ATを組み合わせ、仮想的な10段変速を実現しています。

寸法 全長 mm 4,770
全幅 mm 1,920
全高 mm 1,345
ホイールベース mm 2,870
燃費 JC08モード走行燃料消費率 (国土交通省審査値)km/L 15.8
エンジン 種類 V型6気筒DOHC
総排気量 L 3.456
最高出力 kW(PS)/r.p.m. 220 (299) / 6,600
最大トルク N・m(kgf・m)/r.p.m. 356 (36.3) / 5,100
モーター 最高出力 kW(PS) 132 (180)
最大トルク N・m(kgf・m) 300 (30.6)
駆動装置 駆動方式 後輪駆動
トランスミッション マルチステージハイブリッド トランスミッション (電気式無段変速機)



まとめ

ご紹介してきましたレクサス新型LC500&LC500h。その美しいフォルムに本当に見とれてしまい、心がときめきます。

価格はLC500が1,300万円~1,400万円。LC500hが50万円高の1,350万円~1,450万円とのこと。

いつかは、レクサスに乗れるぐらいの器になりたいものです。

最後まで読んで頂きありがとうございます(^_-)-☆応援宜しくお願いいたします。

読んで頂いた証拠にぽちっとクリックして頂けると喜びます(^_-)-☆

↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村