トヨタのプリクラッシュセーフティー!自動ブレーキであなたを衝突から守る



ここ最近、トヨタの新車をご検討されるお客様からのご質問で多いのが「自動ブレーキ」についてです。

私自身考え事をしていて何度かヒヤッとした経験があります。ご高齢の方の踏み間違い事故や運送業者の方の居眠り運転による事故等々、毎日のようにニュースで取り沙汰されている中、今や「自動ブレーキ」は新車をご検討されるお客様の必須装備となっております。

トヨタでは「Toyota Safety Sence」という名の衝突回避支援システムを開発、さらに日々進化させています。

今回そのシステムの中でも自動ブレーキに関する「プリクラッシュセーフティー」についてご紹介していきます。

プリクラッシュセーフティー

プリクラッシュセーフティーとは?

広い速度域で先行車と衝突が避けられないと判断すると、警報ブレーキアシスト、および自動ブレーキで衝突を回避、または被害軽減をサポートしてくれるシステムです。

最近の「Toyota Safety Sense P」では先行車両だけでなく、歩行者も検知して支援してくれます。




プリクラッシュセーフティーのしくみはどうなっているの?

Toyota Safety Sence C(衝突回避支援タイプ)

主にコンパクトカーに搭載されているToyota Safety Sence C(衝突回避支援タイプ)には、フロントガラス真ん中上あたりにレーザーレーダーと単眼カメラの2種類のセンサーが搭載され、前方を監視してくれています。

レーザーレーダーは、近距離を高精度に検知しています。一方で、単眼カメラは広い視野角で物体のカタチを識別することが可能です。

特性の異なる2種類のセンサーを組み合わせた複合センサーシステムなので、一般的な単体センサーに比べ、より広い速度域でのシステム作動と信頼性の高い認識性能を実現しています。

Toyota Safety Sence P(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ)

ここ最近、プリウス以降の新型車にはToyota Safety Sence P(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ)が数多く搭載されています。Toyota Safety Sence Cの上級タイプで先行車だけでなく歩行者まで検知して、高速域でも衝突回避や被害軽減をサポートしてくれます。

フロントガラスの真ん中上のあたりに単眼カメラ、ボンネットの前あたりにミリ波レーダーが設置されています。

ミリ波レーダーは、雨・霧や、夜間などの周辺環境の影響を受けにくく、遠くの距離まで精度良く検出してくれます。

一方、単眼カメラは広い視野角で物体のカタチを識別することが可能です。この特性の異なる2種類のセンサーを組み合わせ長所を生かすことで、衝突可能性の判断を早めるとともに、クルマだけでなく歩行者の検出も可能にしています。


まとめ

今回は衝突回避支援システムの中でも特にお客様の関心が高い自動ブレーキ、プリクラッシュセーフティーについてご紹介してきました。

広い速度域で警報とブレーキアシスト、および自動ブレーキで衝突を回避、または被害軽減をサポートしてくれる優れたシステムです。

ただこの自動ブレーキシステムも100%事故を防げるシステムではありません。あくまでサポートしてくれるシステムと位置づけ、過度な期待や過信は禁物です

最後まで読んで頂きありがとうございます(^_-)-☆応援宜しくお願いいたします。

「にほんブログ村」のランキングに参加しています。1日1クリック、「にほんブログ村」のボタンをクリックして頂けると大変励みになります。

↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村