自動車保険は二重契約できない!ここ最近多い重複契約について


タッピー

先日、お客様からの自動車保険のことで問い合わせがありました。

 

その内容は、ご主人と離婚をしたので奥様名義で新たに自動車保険に加入したいが、まだご主人の名義で自動車保険に加入したままとのこと…。

 

このまま奥様名義で新たに保険に加入してしまうと、1車両に2つの保険をかけてしまうようになるため、ご主人名義の保険は解約する必要がありました。

 

今回ご紹介するのは、そんなお客様から問い合わせがあった自動車保険の重複契約(二重契約)についてです。

自動車保険は二重契約できない!ここ最近多い重複契約について

自動車保険の重複契約(二重契約)について

 

お客様からの問い合わせ内容は、ご主人と離婚をしたので奥様名義で新たに自動車保険に加入したいが、まだご主人の名義で自動車保険に加入したままとのこと…。

 

このまま奥様名義で新たに保険に加入してしまうと、1車両に2つの保険をかけてしまうようになるため、ご主人名義の保険は解約する必要があります。

 

基本的に自動車保険は1車両に対し1保険が原則です。

 

 

仮に、知らずに二重契約で保険に加入していたとしても、いつか保険会社に分かります。

 

また二重契約になっていたとして万一事故をしても、損害賠償は決められた額しか支払われないので、いくつ保険に加入していようが無駄になります。

それに、賠償金が支払われないということにもなりかねませんので、自動車保険の二重契約はやめましょう。

 

気付かないうちに重複契約になっているかも…

 

最近自動車保険の継続手続きで多いのが、「長期契約」や「自動継続特約」です。

 

「長期契約」は、2年や3年間分をまとめて契約することで、1年ごとの契約手続きを省略します。

「自動継続特約」は、自動車保険の更新時、自動更新してくれる特約のことです。

 

通常1年の満期が来れば継続手続きをしない限り自動的に切れる自動車保険も、長期契約で3年後の満期契約になっていたり、自動継続特約が付いていて自動的に更新されている可能性もあります。

 

 

他社の自動車保険に切り替えた場合、ご自身で解約の手続きを怠っていると、そのままズルズルと重複契約になっているかもしれません。

 

特に最近多いのが、通販型自動車保険に切り替える場合です。インターネットでご自身で加入手続きを行うため誰からのアドバイスもなく、そのまま解約を忘れていたりすることがあるようです。



まとめ

 

今回、お客様から問い合わせがあった自動車保険の重複契約についてご紹介してきました。

 

「通販型自動車保険に切り替えて、保険料が安くなったと思っていたのに…。」今まで加入していた自動車保険が、そのまま継続されていた…。

なんてことがない様に自動車保険の重複契約には気を付けましょう。

通販型自動車保険に加入しない方が良い人とは?万一の事故の際不利になることを考えてみた

2017.08.29

 

利用者800万人突破!

自動車保険の見直しに必須の「自動車保険一括見積もりサービス」はこちら↓↓↓



最後まで読んで頂きありがとうございます(^_-)-☆応援宜しくお願いいたします。

読んで頂いた証拠にぽちっとクリックして頂けると喜びます(^_-)-☆

↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村