通販型自動車保険に加入しない方が良い人とは?万一の事故の際不利になることを考えてみた



今回は通販型自動車保険について、万一の事故際に不利になりそうなデメリットについて考えてみました。

通販型自動車保険に加入しない方が良い人とは?万一の事故の際不利になることを考えてみた

お客様が事故に遭われた時のお話

先日、連休で帰省されていたお客様の息子さんが接触事故に遭われました。

お客様から相談に乗って欲しいと連絡がありお伺いしてみました。

動いている車同士の事故でしたが、どうやら相手方に過失があるようです。息子さんも、自分には非がないと思っているのですが、まだ20代前後で自分で対応することができません

保険会社を聞いてみると、保険料を少しでも安くしたかったので、通販型自動車保険にしていたそうです。

しかし、保険内容はよく分かってなく、保険会社名すらわからない状況。保険会社に事故報告を入れるのですら、連絡先が分からず苦労したとのこと。

何とか保険会社に事故報告はしたみたいですが、担当者もわからず、今後どのように事を進めていったら良いのかもわからないとのことでした。

やはり、保険の知識がある人が自分の責任で通販型自動車保険に入るのは良いと思いますが、全く知識がない人が通販型に入るのはちょっと危険な気がしました。

万一の事故の際に機能しなけけば入っていても意味がないですよね。

通販型自動車保険の事故対応は?

保険料の安さが一番のメリットである通販型自動車保険ですが、実際事故が起きた時の対応はどうなのでしょうか?

いま代理店型の自動車保険に入られていて切り替えを考えている方も、通販型の事故対応が気になるのではないかと思います。

『通販型自動車保険=事故対応が悪い』

このようなイメージがあると思いますが、結論からいうと、客観的な評価データからは『通販型自動車保険=事故対応が悪い』ということはありません

むしろ保険会社によっては代理店型よりも優れたサービスを提供している所もあり、一概にどちらが優れているとは評価できません。

通販型自動車保険に加入しても良い人・悪い人

では、通販型自動車保険に加入しても良い人・悪い人とはどのような人なのでしょうか?私なりに簡単にご説明すると…

加入しても良い人とは、やはり自動車保険の知識があり、ご自身で保険内容を理解・把握できる人、事故が起きた時も保険会社に自分で事故報告ができて、その後のやり取りもご自身でできる人だと思います。

加入しない方が良い人とは、ずばり自動車保険の知識がなく、ご自分で保険会社に対して事故報告やその後のやり取りができない人です。またインターネットの知識がない人もやめた方が良いと思います。

やはり、自分の言葉で話ができない人はやめた方が良いと思います。事故状況の説明が客観的に保険会社に説明できる、またインターネットや郵送でその後の対応ができる人でないと難しいと思います。実際、電話応対をしている保険会社の人も困ります。

できない方は、対面が基本の代理店型自動車保険に加入して、担当者にその後の対応をしてもらった方が本人的にもストレスなく楽だと思います。


まとめ

今回、通販型自動車保険に加入しても良い人・悪い人についてご紹介してきました。

やはり通販型自動車保険のデメリットの大部分は『対面のサービスがない』ことが大きいと思います。

代理店型自動車保険の場合、ご自身の日頃から付き合いのある担当者と一緒に事故対応ができ、その後のやり取りも担当者を通じて行うことができます。

やはり、目に見えない部分で安心感が違いますよね。特に、今まで事故の経験がない方がほとんどでしょうから、担当者に相談できるメリットは大きいと思います。

一方で、通販型自動車保険では保険料が安く済む代わりに代理店がなく担当者もいません。対面でのやり取りはなく、全て電話か郵送でのやり取りとなります。

保険料が高くても決まった担当者と対面で事故対応ができる方が良いと思う方は代理店型、事故対応は自分でできるという方は通販型を選択されると良いと思います。

利用者800万人突破!

自動車保険の見直しに必須の「自動車保険一括見積もりサービス」はこちら↓↓↓



最後まで読んで頂きありがとうございます(^_-)-☆応援宜しくお願いいたします。

読んで頂いた証拠にぽちっとクリックして頂けると喜びます(^_-)-☆

↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村