芋焼酎のおすすめ富乃宝山!フルーティーで爽やかな香り


芋焼酎のおすすめ富乃宝山!フルーティーで爽やかな香り

芋焼酎のおすすめ富乃宝山とは?

柑橘系の爽やかでフルーティーな香りのする富乃宝山

ちょっといい居酒屋には置いてあったりして、私は見つけたら必ずと言って良いほど注文します。

この富乃宝山は、最初は常圧で蒸留し、途中で圧力を抜き減圧蒸留するという独特の方法で作られています

原料の芋も「黄金千貫」の皮を削って美味い所だけ使って作られています。

2011年モンドセレクションで金賞も受賞しているおすすめ芋焼酎です。

飲み方は、やはりロックがおすすめ

ものすごくフルーティーで甘めの柑橘系の香りがします。お湯割りははっきり言っておすすめできません。水割りも風味を損ねるのでやはりロックがおすすめです。

芋の香りもほとんどなく、日頃焼酎を飲まない方でも楽しめる芋焼酎です。

蔵元の西酒造について

西酒造株式会社は、鹿児島県日置市に本社を置く焼酎製造業者です。

現社長は8代目にあたり、これまでに数々の受賞歴ががあります。

富乃宝山以外に、吉兆宝山薩摩宝山などの焼酎があります。

芋焼酎の豆知識

焼酎ブームが起きる

焼酎はもとも南九州で飲まれていたものです。鹿児島を中心にお湯割りで飲まれていた焼酎が一躍全国区になり焼酎ブームを起こしました。

清酒圏の方にも飲みやすいようにモダンですっきりとした飲み口の銘柄が多くあらわれ、プレミアのつく銘柄も現れました。

二つの焼酎

焼酎には甲類と乙類があります。本格焼酎と呼ばれるのは乙類です。

そもそも、甲類と乙類の違いはその製法にあります。

まず蒸留の違いです。乙類は単式蒸留で甲類は連続式蒸留です。本格焼酎の乙類は1回しか蒸留していないのでアルコール分以外の成分が含まれており、それが素材の風味として味わえます。

また発酵方式の違いもあります。乙類は芋などを原料に並行複発酵を行います。

原料からアルコールを作るには2段階の発酵が必要です。まず、原料のデンプンを発酵して糖にし、その糖を発酵してアルコールにして行きます。

並行複発酵とは、この2種類の発酵を一つのかめ壺やタンクで同時に進めて行く方式です。

甲類の場合、糖を原料にしていますので1回の発酵でよく、単発酵と呼ばれています。


まとめ

今回、芋焼酎の富乃宝山について私なりにご紹介してきました。

フルーティーな香りが特徴で、とても飲みやすい芋焼酎です。

またおすすめ焼酎があればご紹介していきます。

最後まで読んで頂きありがとうございます(^_-)-☆応援宜しくお願いいたします。

読んで頂いた証拠にぽちっとクリックして頂けると喜びます(^_-)-☆

↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村