自転車事故に対応する保険の備えは大丈夫?自動車保険の特約についてのご紹介


タッピー

ここ最近、自動車のあおり運転が毎日のようにニュースで取りざたされていますよね…。

自分自身が事故を起こさないように気を付けるだけでなく、危ない運転をする運転手の方に対する備えも必要だなと感じています。

 

今回ご紹介するのは、その自動車ではなく特に子供がいるお父さんお母さんに見て頂きたい、自転車事故に備える保険のご紹介です。

自転車事故に対応する保険の備えは大丈夫?自動車保険の特約についてのご紹介

いつ巻き込まれるか分からない自転車での事故

 

自転車による事故は、平成17年までは増加傾向でしたが、一時期自転車関連の事故が問題視されてから減少傾向です。

 

自転車関連の事故と言えば、自動車と自転車というイメージがありますが、自転車同士の事故や対歩行者という事故も少なくありません。

 

ここ最近、自転車の運転に対する取り締まりも強化され、悪質で危険な運転をする場合について積極的に検挙されるそうです。

 

自転車による事故を起こしてしまった場合

 

実際、自転車を運転中に事故を起こしてしまい加害者になった場合、どのような問題があるのでしょうか?

 

①自動車のような自賠責保険(強制保険)が付いていない

 

車には万一の事故に備えて、自賠責保険(強制保険)への加入が義務付けられていますので、最低限の被害者救済が行われます。

 

また、自動車保険(任意保険)にもほとんどの方が加入されているので(まだ未だに未加入の方もいらっしゃいますが…)、自賠責保険で賄えない補償を自動車保険がしてくれます。

 

しかし、自転車には自賠責保険のような制度はありません。何かしらの保険にご自身が加入していないと無保険状態となり、加害者の損害賠償を個人で負担しなくてはならなくなります。

 

自転車は、免許制度もないため、子供からお年寄りまで誰でも乗ることができます。免許もなく誰でも乗れるというところが、事故の際トラブルを生じる原因となるのです。

 

②自転車事故に対する危険意識の無さ

 

自転車を運転中の学生さんたち、ヘッドホンで音楽を聴きながらや携帯を見ながらの運転をよく見かけます。

 

今まで事故が起きていないから、自転車事故に対する危険意識が無い様に感じられます。

 

例えば、自転車同士の事故だと運転中の双方に過失が出ます。過失が出るということは損害賠償責任が生じるということなのです。

 

もしそれが物だけでなく、歩行者に危害を加えてしまい、対人賠償となると高額な損害賠償になるケースもあります。

 

あなたやご家族はそのような自転車事故に対応する保険に加入されていますか?もしまだの方は、下記の自動車保険の特約をおススメいたします。

 

自転車事故に備える自動車保険の特約のご紹介

 

今ご加入の自動車保険に特約として自転車事故に対する保険を付け加えることができます

 

またこの特約は、ご自身だけでなくご家族もカバー出来ますので、必ず一家に一つ加入されることをおススメします。

 

交通乗用具事故特約

 

まずはご自身が自転車を運転中に転倒してケガをした場合に補償される交通乗用具事故特約(保険会社によって名称が違います)があります。

 

この特約、自転車を運転中のみの補償だけでなく、歩行中に自転車と接触してケガをした場合なども補償の範囲になります。

 

日常生活賠償特約

 

次に自転車を運転中に歩行者とぶつかり相手ケガさせてしまった場合に補償される日常生活賠償特約(保険会社によって名称が違います)があります。

 

この特約も、自転車を運転中のみの補償だけでなく、例えば子供がキャッチボールをしていて他人の家の窓ガラスを割ってしまった場合なども補償の範囲になります。



まとめ

 

今回、自転車事故に対する保険の備えということで、自動車保険の特約についてご紹介してきました。

交通乗用具事故特約と日常生活賠償特約をセットで加入されることをおススメいたします。保険料も年間数千円とそんなに高くはありません。

 

これらの特約は、ご自身だけでなくご家族にも補償の範囲が適用されるため、ご家族に一つの加入が必要です。

ただ他にご加入されている保険で、同じような補償がないか確認が必要です。補償が重複している場合がよくあります。重複した保険料を払い続けるのもバカらしいですよね…。

通販型自動車保険に加入しない方が良い人とは?万一の事故の際不利になることを考えてみた

2017.08.29

 

利用者800万人突破!

自動車保険の見直しに必須の「自動車保険一括見積りサービス」はこちら↓↓↓

 

最後まで読んで頂きありがとうございます(^_-)-☆応援宜しくお願いいたします。

読んで頂いた証拠にぽちっとクリックして頂けると喜びます(^_-)-☆

↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村